素髪の考え

ピリカで推奨している素髪ですが、

ちょっと初めは驚くかもしれない考え方です。

興味を持った方は読んでみてください。

 

トリートメントが髪を傷める!?

えっ!Σ(゚д゚lll)って感じですよね。

ココで言うトリートメントというのは皮膜(コーティング)トリートメントのこと。

髪の痛みを改善するには表面をコーティングしない!

こんな「どS」なケア方法もあるんですよ~!

「いくらケアしてもなかなか髪が良くなんない」

こんな思いをされている方あなたのヘアケアは正しい?間違ってる?

髪がいたんだ時によく使われるシリコン等が入っている

シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントやスタイリング剤や

樹脂等を使用する縮毛矯正、

感触向上剤の入ったヘアカラー・パーマ等・・・

数え上げたらキリがないようなコーティング剤が出回ってます。

確かにその時は髪が良くなったと感じると思います。

・・・がその後はどうでしょう?

ここでトリートメントが髪を傷める!?が出てきます。

カラーやパーマの施術前に髪をコーティングしていると、

パーマ液等が髪の内部に浸透しにくくなり、時間がかかります。

薬液は表面のコーティングを溶かそうとしますが、

薬液はコーティング剤もキューティクルもわからないため、

同時に髪のキューティクルも溶かしたり、傷つけたりします。

そしてなんとか薬液は髪の内部に浸透してパーマやカラーをします。

こんな感じでキューティクルはドンドン痛んでいくのです、しかしその後、

薬液の成分の「コーティング剤」がもう一度表面をコーティングしてくれるので、

手触りなどでは痛んだ感じがしませんからしている本人にはわからないんです。

またホームケアなどでもマイルドなシャンプーやコーティング効果のある

ケア剤を使用すれば、

表面的な手触りはいいかも知れません。

しかしその時はわからないけど後で傷みが出てくるのです。

たとえば 皮膜たっぷりの髪にパーマするとしたら

表面をコーティングしてるから パーマ液が浸透しにくい

なおかつ前処理剤やらで保護?(邪魔)する

パーマ液は表面の皮膜成分を溶かそうとする(アルカリ)

1液の放置タイムが必要以上に長くなる

パーマ液の1液でキューティクルを傷める(溶かす)

やっとかかったときには キューティクルも痛んでる(穴ぼこだらけ)

ボサってした かかりあがりになる(汗)

手触り悪くなるんで 上から皮膜をはる

髪の内部にパーマ液の残留を引き起こし 余計に痛む!

表面だけ綺麗で 中はぐちゃぐちゃのアホ毛の出来上がり♪

ホームケアでも優しいシャンプーで皮膜を取らないようにする(おちつく?)

トリートメントで皮膜をはる(もちがいいらしい)

最初に戻る

そこで「どS」なケア方法です。

※パーマやカラーをされている方はアミノ酸系のマイルドなシャンプーの使用はしない。

パーマやカラーの薬液が髪の内部に入ったまま表面をコーティングしてしまうと

その薬はどこに行くのですか?

そうです。どこにも行けず髪の内部に閉じ込められてしまうんです。

この事にダメージの大部分があります。

薬液にあるアルカリ剤などの良くない成分が髪の内部に閉じこめられて

長期間残留してしまうのです。

とくに縮毛矯正の樹脂などは半年以上持続する事もあるぐらいです、

半年間も髪の中に強いパーマ液が入っているなんて恐ろしいですよね?

アルカリ剤などは髪の大事なタンパク質などを溶かしてしまいますので

ドンドン髪は痛んでいきます。

あるメーカーの実験では、普通のカラーでもマイルドなシャンプーを使用すると

一ヶ月程度の間、薬品が髪の内部や毛穴に残留するという結果が出ています。

これでは当然髪を傷めてしまいます。

優しい洗浄剤のシャンプーはパーマやカラー剤の感触向上剤が取れにくいし、

髪に悪い薬液成分の残留がしやすいので、

洗浄力のあるシャンプーで早くこういった成分を取り除く事が重要です。

そこでピリカの推奨「素髪」な状態でしたら

表面をコーティングしていないので パーマ液が浸透しやすい

処理剤を使わなければ、最小限の還元で必要なパーマが効率よく出来る

パーマ後も皮膜なしで洗浄力のあるシャンプーを使えば残留成分が早く除去できる

ホームケアでも皮膜なしなので、重力に逆らわずパーマもしっかりと再現できる

最初から皮膜が無ければ、お客さんも痛んでいく感じがしない

最初に戻る

これが 素髪なんです!

ですが・・・

ほとんどの美容院や化粧品店、ネット通販等でも石油系のシャンプーはダメで

アミノ酸系のシャンプーを勧めています。

確かに石油系の界面活性剤は悪い部分が多いのですが、

マイルド過ぎるアミノ酸系が良いのかと言うとそうでもないんです。

理想はこの2つの界面活性剤を使用してバランスよく作った商品がベストだと思います。

■ヘアケア商品の選び方

※シリコン等のコーティング成分の入ったスタイリング剤・シャンプー等の商品は避ける。

シャンプー・トリートメント・コンディショナー・リンス・ムース・スタイリングワックス・

ヘアスプレー・ヘアクリーム・ブローローション・・・

あらゆるヘアケア商品に使用されています。

シリコン以外にも髪をサラサラ、艶々にする為に油分や他のコーティング剤も

使用されている場合もあります。

基本的に付けるだけで髪の手触りが良くなるものはなんらかの

コーティング剤が入っていると思って下さい。

良い商品の見分け方・・・・・トリートメント・コンディショナー・リンス・スタイリング剤などで

コーティング成分が多く含まれているのか を見分ける方法は簡単です。

少量を手に取ってハンドクリームのように馴染ませてみてください。

いつまでもベタベタしたり、 石鹸で洗わなければ気持ち悪いモノは

コーティング成分が多く含まれている証拠です。

油分などで浸透の良いモノは手に付けても スゥ~っと馴染むはずです。

シャンプーについては良い商品の見分け方というのは大変難しく、

内容成分だけでは判断出来ません。

サラサラになる手触りの良さやツヤ感などの使用感だけで選ぶのは

避けたほうが無難です。

自分に合う信頼出来る商品を探す事が重要なんです。

どうでしょうか?

「ピリカ」はこんな「どS」なヘアケアで「素髪作り」をオススメしています。

サブコンテンツ

ピリカ瓦版

ピリカは小さなサロンで、あんまりオシャレではないですが志はでっかく、お客様が過ごしやすいサロンを目指しています!

お客様の髪の3ヶ月後、1年後を考えたご提案を心がけた「素の髪をキレイに」をコンセプトにしています。

ピリカは「素髪」を推奨します。

北区王子神谷の美容室

ピリカからの情報発信をしていきますので是非ご覧くださいね。

このページの先頭へ